HOME >> 歯科インプラントとは >> 歯の大切さを成城歯科で知る

歯の大切さを成城歯科で知る

歯の大切さ

皆さんも何度か耳にしたことがあるのではないかと思いますが、80歳以上で20本以上の歯をもつ高齢者は、それ未満の人よりも活動的で寝たきりになることも少ないという統計結果に基づいて、最近では"8020運動"というのが提唱されています。

これは日本歯科医師会や厚生労働省によって推進されている活動で、「満80歳で20本以上の歯を残そう」ものですが、"20本"という目標は一見簡単なようでなかなか難しいことであるようです。

私たちの歯は普通、親知らずを除いて28本ありますが、歯科に関するある調査によると70歳の人が持っている自分の歯の数はわずか11本にしかすぎず、ほとんどの人が入れ歯などのお世話になっているのが現状です。

"歯"を失う原因は色々ありますが、年代別に見てみると30歳以下の場合は"虫歯"が、30歳以上の場合は"歯周病"が1位となっています。

私たちは、若い時には歯の有難さをあまり感じることなく生活していますが、年をとるにつれて「生涯を通じて自分の歯で食べる楽しみを味わうことができたらどんなにしあわせだろう......」と、高齢者と言われる年代になってやっと"歯の有難さ"を実感できるようになるものだと言われますが、できれば手遅れにならない年代のうちから歯のお手入れの対する意識を高めておきたいものですね。

けれども最近の歯科の技術の進歩はめざましく、中でも歯槽骨にチタンの人工歯根を埋め込むインプラントによる治療は多様化して、たとえ歯をすべて失ったとしても天然歯同様の歯を得ることができるようになりました。


歯科の魁!歯医者のインプラントと矯正歯科の武者修行へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての歯科に関する情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮くださいますようご協力おねがいします。