HOME >> 歯科インプラントとは >> 乱ぐい歯は成城学園前 インプラントでも問題に・

乱ぐい歯は成城学園前 インプラントでも問題に・

img45

 

反対咬合(はんたいこうごう)うけ口の治療の

名医下顎前突と呼ばれることもありますが、

一般に受け口とも呼ばれています。

 

名医によれば下の前歯が上の前歯より前にある状態です。

 

インプラント同様に外側からは、下の唇が出ているように

見えたり、下唇が厚く見えたりします。

 

また、インプラントだけでなく下の前歯や唇を

無理に唇内に閉じ込めようとして、頬が

緊張しているように見える場合もあります。

 

叢生(そうせい)八重歯・乱ぐい歯名医の治療でも

歯がでこぼこに並んでいる状態で、乱ぐい歯とも言われます。

 

八重歯も叢生(そうせい)の一種です。

 

あごの広さと歯の大きさのバランスが東京都と

比較しても悪いため、狭いあごに歯がきれいに並ばず、

名医における成城学園前で出来るインプラント治療

でこぼこに重なりあってしまいます。

 

特に八重歯は、欧米では、インプラントでドラキュラの歯と

言われるように見た目も悪いものを入れることはありません。

 

できるだけ長く自分の歯でいられるように名医もしたいです。

 

きれいな歯ならびにしておくことが大切だと考えております。


歯科の魁!歯医者のインプラントと矯正歯科の武者修行へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての歯科に関する情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮くださいますようご協力おねがいします。