HOME >> 歯科インプラントとは >> 驚きの話に喜多見歯科もびっくり.

驚きの話に喜多見歯科もびっくり.

img01.jpg

 

骨等が患者さんの顎に足りない場合でも

GBR骨造成とかでもサイナスリフトなどのインプラントと別の手術ですれば、

実は当然その分費用の負担もとても掛かります。

 

これも出来るだけの手術回数を減らし

、インプラントと治療を同時にするなら、

患者さんにとっても歯医者にとっても

手術回数も減りますし、さらには別の手術ではなくなりますので

、これは別途の費用が特別にしっかりと掛からずに治療が済みます。


 

このように、インプラントの費用に関しては

実はインプラント1本の費用がとても低く書いてあったとしても

、その時の実別途加算が十分にされてしまって、

結局は一般的なインプラントの治療とさして差がない

と言うような宣伝をしているような所もあります。

 


ですがこれは実は本場アメリカでも日本でも

全く同じで、その宣伝が喜多見 歯科の歯医者も聞いたのですが

結構大きな問題となっているようです。


歯科の魁!歯医者のインプラントと矯正歯科の武者修行へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての歯科に関する情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮くださいますようご協力おねがいします。