HOME >> 歯科インプラントとは >> 見えない器具は喜多見矯正歯科でも評判がいい.

見えない器具は喜多見矯正歯科でも評判がいい.

C9F7B7CA01.jpg

舌側の矯正の治療法とは、一番に患者にとって

「やさしく」そして「矯正治療期間が短い」さらには、

「確実性」をキーワードに開発されており、

喜多見矯正歯科でもとても期待されている治療方法

としてあげられているのです。


見た目にも見え辛く、さらに、限りなく小さいくて軽いブラケットと

現在の歯科の矯正治療のトレンドであるような

ローフォースさらにはローフリクションを

舌側いわゆる歯の裏側から治療を進められるように

実現しました。


そのため喜多見矯正歯科でも、歯科の矯正治療の

期間中の発音の難しさやしずらさや不快感が

格段に減ったとお声があり、

治療の期間も歯の表側から行うのと遜色がありません。


実は、今まで舌側矯正をとても躊躇されていた

ような方にも安心してさらには自信をもって

矯正歯科医院でもお勧めいたします。


歯科の魁!歯医者のインプラントと矯正歯科の武者修行へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての歯科に関する情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮くださいますようご協力おねがいします。