HOME >> 歯科インプラントとは >> インプラント 総入れ歯にあるようにまるで.

インプラント 総入れ歯にあるようにまるで.


R0011313_1969.jpg

2つ目の症例として"歯を数本失ったケース"を見てみると、
昔からよく使われている"入れ歯"は他の歯に

金属の針金のようなもので固定させるために、

それらに対する負担はどうしても大きくなってしまいますし、

また、健康な歯のように歯冠の部分が歯根で

歯槽骨とつながっていないために、噛んだ時の感触や

、味が変わってきたり、噛む力が衰えたりします。

 


 

さらに入れ歯に対する異物感や違和感に

悩まされる人も多いようです。


一方インプラントの場合は1本ずつが

人工歯根によって直接歯槽骨に埋め込まれるために

、それらの問題はほぼ100%クリアすることが可能です。


そして人は年を取って体の機能が衰えてくると

インプラント 総入れ歯にあるようにまるで階段を下るように

だんだんと覇気がなくなっていく人が多いと言われますが、

たとえすべての歯を失ったとしても、

インプラントの場合はこれまでの生活を変える

要がないので精神的ダメージもあまり受けなくて済みます。


歯科の魁!歯医者のインプラントと矯正歯科の武者修行へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての歯科に関する情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮くださいますようご協力おねがいします。