HOME >> 歯科インプラントとは >> 世田谷区成城学園前の審美歯科で行っているような・

世田谷区成城学園前の審美歯科で行っているような・

sandart.jpg

 

インプラントの治療が施された口の中では

周囲の歯が動くという現象はおこりませんし、

 

自分自身も周囲の人たちも、そして"他の歯たち

"もインプラントをまるで天然歯のように

違和感なく受け入れることができます。

 

たとえばまず1つ目の症例として、

"歯を1本失ったケース"では、これまでは

歯の抜けた部分にのせる人工歯を固定させるために

両側の健康な歯を削って土台にする"ブリッジ"という

治療が行われてきましたが、

これでは両隣の歯は負担がかかり過ぎて

寿命まで短くしてしまいます。

 

けれども 世田谷区成城学園前の審美歯科でも注目している

インプラントの場合は周囲に迷惑をかけることもなく

自分だけでしっかりと立ち、今までの

天然歯同様の働きをすることができます。

 


歯科の魁!歯医者のインプラントと矯正歯科の武者修行へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての歯科に関する情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮くださいますようご協力おねがいします。