HOME >> 歯科インプラントとは >> 東京世田谷インプラントの種類・

東京世田谷インプラントの種類・

clover_1.jpgのサムネール画像

 


2つ目の"一体型"は、"1回法"の手術にしか対応できなくて、

かぶせ物の部分(人工歯冠)を外そうと思えば

手術が必要になりますが、構造が単純なために

費用が安くて済むというメリットもあります。

 

ところで世界には現在インプラントのメーカーは

約100社あるとも言われ、その種類もメーカー毎に

異なり60種類はあると言われていますが、

 

日本で許可されているのはそのうちの

20種類程度ですが、東京世田谷インプラントだけでなく

欧米のインプラント先進国と言われる国々でも

主流は日本同じ"シリンダータイプ" や"スクリュータイプ"のようです。

 

そして円筒形で上下が同じ形をしているのが

"シリンダータイプ"で、"フィクスチャー"の部分が

ねじのようならせん構造になっているのが

"スクリュータイプ"ですが、

 

現在は埋め込む穴が小さくて済み、

噛むちからも効率よく骨に伝えることが

できると言う点で"スクリューイプ"が最もよく使われています。

 

 


歯科の魁!歯医者のインプラントと矯正歯科の武者修行へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての歯科に関する情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮くださいますようご協力おねがいします。