HOME >> 歯科インプラントとは >> 経堂歯科による歯周病菌研究・

経堂歯科による歯周病菌研究・

ontake05.jpgのサムネール画像

 

歯科治療の最先端の"再生治療"でも救うことのできない

重度の歯周病の場合、それ以上の悪化を防ぐには

現状維持かあるいは抜歯という手段でしか対処できませ ん。

 

最近では経堂歯科 歯医者などでは、歯周病を

放置しておくことによって歯周ポ ケットで

繁殖している歯周病菌が血液の中に入り込み、

 

全身をめぐることによって歯だけでなくさまざまな

臓器 にも悪影響を及ぼすという事が分かってきています。

 

つまり、歯周病が悪化して歯科の最新医療でも

手が施 せないほどになったら歯は、体にこれ以上の害を

及ぼさ ないためにも"抜歯"しないといけなくなります。

 

そして抜歯後の場所へのインプラントの治療は、

骨が完全に再生されて から行われることになります。

 


歯科の魁!歯医者のインプラントと矯正歯科の武者修行へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての歯科に関する情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮くださいますようご協力おねがいします。